サファイアとダイヤモンドの指輪:知っておくべきことすべて

サファイアとダイヤモンドの指輪

Pure Gemsのサファイアとダイヤモンドのリングシリーズは、美しいジェムストーンジュエリーの最新コレクションです。 ブルーサファイアの指輪は、貴族、愛、忠実さの代名詞です。 史上最も有名な婚約指輪のXNUMXつは、ダイアナ妃が息子が婚約指輪としてケンブリッジ公爵夫人に贈る前に所有していた青いサファイアの指輪です。 サファイアリングは、誕生石をジュエリーコレクションに取り入れたいおとめ座に最適です。 現代と歴史の両方の王族の間で、ブルーサファイアほど王族に関連する宝石はありません。 ブルーサファイアの婚約指輪について知っておくべきことと、そのスタイルが時代を超えた職人技になっていることをすべてまとめました。 

サファイアダイヤモンドエンゲージリングの歴史

サファイアダイヤモンドエンゲージリングの歴史

サファイアとダイヤモンドの指輪は、不純な人が身につけるとサファイアが色あせてしまうと信じられていた13世紀に初めて人気を博しました。 ペルシャ帝国時代、空はサファイアの反射であると信じられていました。 このスタイルのリングは、14世紀から15世紀にかけて、サファイアが金の帯に配置され、イニシャルが刻まれたときに、現代のロイヤルジュエリーに初めて登場しました。 サファイアの使用は古代ギリシャとローマにまでさかのぼります。そこでは石が保護宝石として貴族によって着用され、青いサファイアは紀元前800年までさかのぼります。 最初 '婚約'スタイルの指輪は、新郎の名誉ある意図のしるしとしてローマ人によって交換されました。 サファイアはロマンチックな献身と愛の象徴と見なされ、伝統が始まるずっと前から婚約指輪のように機能していました。

完璧な婚約指輪としてのブルーサファイアリングのアイデアは、18世紀の物語によって固められました。Le Sa​​pphire Marveillanceマダム・ド・ジェンリス著。 物語は色が変わるサファイアに触発され、あなたの婚約者に与える究極のジュエリーとしてのサファイアとダイヤモンドの指輪のアイデアを提示しました。 この物語は、スタイルがゴールドバンドからプラチナ設定に移行したビクトリアとエドワード時代の間にブルーサファイアの婚約指輪の需要が高まる結果となるでしょう。 この間、サファイアはより貴重な宝石と見なされていたため、ダイヤモンドの需要が低かったため、ダイヤモンドリングよりもサファイアリングを受け取る可能性がはるかに高くなりました。 

サファイアダイヤモンドエンゲージリング

ブルーサファイアリングのモダンなスタイルは、1920年代のアールデコ時代に最初に登場し、婚約指輪のセンターストーンとアクセントストーンの両方として機能しました。 何よりもサファイアの色を中心に、婚約指輪の幾何学的なスタイルが最初に登場しました。 アンティークの婚約指輪の場合、アールデコのデザインは、ジュエリーコレクションに追加する遺産と歴史の一部を探すために最も人気があります。 世界で最も有名なサファイアのXNUMXつは 'スターオブインディア」、 ニューヨークの自然史博物館にある563カラットのサファイア。 スリランカ産の完璧なサファイアで、世界最大の宝石のXNUMXつであり、ゴルフボールほどの大きさです。 サファイアは、光を反射し、環境に応じて色が変化するため、色が変わるカメレオンの能力で人気があります。 

サファイアは虹色、最も一般的にはピンクで表示されますが、青いサファイアリングは最も豊かな歴史があり、色は宝石に最も関連するものです。 ブルー以外のサファイアは「」と呼ばれますファンシー'。 言葉 'サファイア' ギリシャ語に由来する 'ソファーどの 'ラピスラズリまたは深い青色の石。 ブルーサファイアはおとめ座とXNUMX月の誕生石であり、誕生日に占星術のうなずきをしたい人にとっては宝石として最適です。 

最も象徴的な本物のサファイアリング

ブルーサファイアリングは愛と忠実さを表すため、1920年代から現代の婚約指輪に人気があります。 世界で最も有名なリングの1981つは、12年にチャールズ皇太子からダイアナ妃に婚約指輪として贈られました。彼女のリングは、14個のダイヤモンドのハローに囲まれた、目を見張るような1840カラットの楕円形のサファイアを備えたクラウンジュエリーガラードによって作成されました。 。 象徴的な婚約指輪は、XNUMX年にプリンスアルバートが結婚式のためにビクトリア女王に贈ったブローチに触発されました。サファイアとダイヤモンドの指輪は、世界で最も有名な王室の宝石のXNUMXつです。 この指輪を非常にユニークなものにしたのは、当時、指輪がガラードのカタログですぐに入手でき、世界中の女性が王室のおとぎ話の一部を持てるようになったということです。

本物のサファイアリング

ダイアナの死後、婚約指輪はウィリアム王子に渡され、ウィリアム王子はそれを使ってケイトミドルトンにプロポーズしました。 ケンブリッジ公爵夫人は、同じサファイアとダイヤモンドのシルエットのイヤリングとネックレスを含む、ロイヤルコレクションに委託されたいくつかの一致するジュエリーを持っています。 'ケイト効果'ブルーサファイアの婚約指輪の需要が高まっています。 レスリーフィールドの本で '女王の宝石:エリザベスXNUMX世の個人コレクション '、 彼女はサファイアを王の石であると説明し、王室の衣類や宝飾品での使用は何世紀にもわたって中世にまでさかのぼります。 深みのあるサファイアトーンが「ロイヤルブルー」と呼ばれるのは、おそらくそのためです。 王室の承認印が付いた指輪が欲しい女性のために、 サファイアダイヤモンドエンゲージリング この時代を超越した王室の宝石に触発されています。  

サファイアとダイヤモンドの婚約指輪-ケイト王女とダイアナ妃の指輪からインスピレーションを得た

ブルーサファイアの婚約指輪は、ヨーロッパの歴史を通じて豊かな伝統を持っています。 ナポリéに彼の妻ジョスを与えたéXNUMX世紀の珍しい婚約指輪をphine。 リングは、ペアーシェイプのダイヤモンドとサファイアが反対方向を向いており、それぞれがシンプルなゴールドバンドで約XNUMXカラットの重さです。 このサファイアとダイヤモンドの指輪は、「あなたと私'リング、両方のナポールを表す宝石付きéオンとジョスéphine。 この象徴的な歴史の一部は、2013年にオークションにかけられ、1年にオークションで約2013万ドルを獲得するまで、ボナパルト家に受け継がれました。美しい青い色、貴重な物質、魅力的な歴史により、ブルーサファイアの婚約指輪はとてもユニークな機会にしたい方にぴったりのプロポーザルリング。 

ユニークな提案のためのダイヤモンドとサファイアの婚約指輪

オールドハリウッドスターのエリザベステイラーとして、ジュエリーコレクションでよく知られている伝説はほとんどありません。 彼女の世界的に有名な宝石のコレクションの中には、1950番目の夫であるマイケルワイルディングが彼女にプロポーズしたサファイアとダイヤモンドの指輪がありました。 エリザベス・テイラーは、XNUMX年代に彼女の運命のカボションサファイアリングでサファイアリングの人気に影響を与えたことで主に認定されています。 エリザベス・テイラーの魅力をジュエリーコレクションに少し加えたい人のために、 'ナチュラルトパーズリングテイラーさんの最も有名な宝石のすべての特徴を備えています。

ブルーサファイアダイヤモンドリングトレンド

サファイアとダイヤモンドの指輪は過去2010年間流行してきましたが、XNUMX年にケンブリッジ公爵夫人が婚約したことで、現代のトレンドが復活しました。 ブルーサファイアリングの最も人気のあるトレンドのXNUMXつは、ダイアナ妃のリングに似たダイヤモンドでサファイアを囲み、クラシックで時代を超越した外観にすることです。 ダイヤモンドと同じように、ブルーサファイアの婚約指輪には従来のカットはXNUMXつもありません。オプションは、クッションカットからプリンセスカットなどのよりユニークな設定までさまざまです。白い宝石とサファイアリング'。 

サファイアとダイヤモンドの指輪

彼らの長い伝統のために、現代のサファイアリングはしばしばヴィンテージの作品に触発されています。 ハビエルバルデムのペネロペクルスのダイヤモンドとサファイアのエンゲージリングは、フローラルダイヤモンドハローに囲まれた3カラットのオーバルブルーサファイアが特徴です。 このアンティーク風 リング ダイアナ妃の指輪の特徴的なシルエットを取り入れ、人気のエドワード花のモチーフが特徴です。 ブルーサファイアリングは、長寿と忠誠心を表す伝統的な結婚45周年記念ギフトです。サファイアジュビリーは、エリザベス65世女王が最近、2017年にサファイアジュビリーを祝ってXNUMX年後に発生します。 

サファイアジュビリー-本物のサファイアリングギフトのアイデア

見事なブルーサファイアリングを備えたもう9つの有名人は、女優のエリザベスハーレーです。彼女は、クリケッターの夫であるシェーンワーンから、2カラットのエメラルドカットサファイアとXNUMXカラットのXNUMXカラットのカットダイヤモンドをあしらったダイヤモンドとサファイアの婚約指輪を受け取りました。 このエリザベステイラーにふさわしいデザインのファンのために、私たちのエメラルドカットブルートパーズリング トパーズとサファイアを組み合わせたハーレーの婚約指輪と同じカットが特徴です。

エメラルドカットブルートパーズリング

ジュエリーをシンプルで時代を超越したものにしたいミニマリストのために、サファイアバンドリングをご用意しています。 特別な日、誕生日、卒業を記念するのに理想的なリングです。 もっと楽なシックな外観が必要な場合は、シンプルなダイヤモンドとサファイアの婚約指輪としても使用できます。

サファイアバンドリング

あなたが乙女座で、他の宝石の代わりにサファイアに焦点を当てた指輪が欲しいなら、私たちの '本物のサファイアとスピネルのリング完璧な選択です。 このステートメントリングは、青いスピネルの正方形に囲まれた2カラットのブルーサファイアを特徴としており、サファイアに直接目を引き、ステートメントジュエリーにお気に入りの色を身に付けることができます。

ラボで作成されたサファイアリングの仕様

ブルーサファイアリングはコランダムで、三方晶の結晶構造を持つ酸化アルミニウムです。 ブルーサファイアはレッドルビーと同じように作られていますが、唯一の違いは色です。 サファイアジェムストーンはダイヤモンドとほぼ同じくらい硬く、モース硬度で9になり、ダイヤモンドは10になります。これは、XNUMX番目に硬い鉱物であるため、毎日着用することを目的としたジュエリーに最適です。 。 サファイアの青の純度は、宝石に含まれる鉄とチタンの量によって決まります。ダイヤモンドとは異なり、サファイアは宝石の特徴を高めるインクルージョンを備えています。 天然サファイアとは異なり、ラボで育てられたサファイアは、毎回最も深い青色の仕上げを与えるように処理することができます。 'コーンフラワーブルー」 サファイアの色合いが最も望ましいと考えられており、ダイアナ妃の指輪で使用されているのと同じ色合いのサファイアです。 ブルースピネルリング付きのブルーサファイアもあります。

ブルーサファイアリング

Pure Gemsには、スイスで最高品質の本物のAAA +最高級宝石を使用して作成されたラボで育てられたサファイアの厳選されたコレクションがあります。 ラボで作成されたサファイアリングは、わずかな価格で天然の青いサファイアリングの外観を提供します。 天然サファイアとは異なり、ラボで栽培されたサファイアは100%競合がなく、持続可能です。 天然サファイアには欠陥や不純物がありますが、ピュアジェムサファイアはカラット、透明度、色、カットの100つのCすべてに優れているように作られています。 私たちのラボで育てられたサファイアは、XNUMX年以上使用されてきたものと同じ火炎融合法を使用して作成されており、天然サファイアがどのように形成されるかの条件をシミュレートしました。 最も純粋な青色が必要な場合は、ラボで育てられたサファイアが理想的な選択肢です。 サファイアは任意の形状にカットできますが、楕円形、円形のクッション、エメラルドカットは、ダイヤモンドとサファイアダイヤモンドの婚約指輪の最も伝統的な選択肢です。 

リアルブルーサファイアの色、透明度、カット

サファイアは世界で最も人気のある宝石のXNUMXつであり、過去XNUMX年にわたって王族と有名人のスターの間を橋渡しする豊かな文化遺産があります。 ブルーサファイアの人気と歴史を持つ宝石は他にありません。 群衆から際立つ婚約指輪と比類のない王室の遺産を持つ作品を望んでいるカップルにとって、ブルーサファイアリングは究極の選択です。 ブルーサファイアの婚約指輪はお手入れが非常に簡単で、石鹸水で手で、または超音波洗浄機を使用して洗浄できます。 Pure Gemsのサファイアリングを使用すると、数分のXNUMXの価格で天然サファイアの外観を実現しながら、競合のない持続可能なジュエリーを手に入れることができます。 愛の象徴として、ブルーサファイアの指輪は、婚約、新しい仕事、卒業、休日、誕生日などの重要な機会を祝うのに最適なプレゼントです。 

Pure Gemsには、豊富なコレクションがあります。 ブルーサファイアジュエリー 新しい持続可能なサファイアとダイヤモンドの指輪に合わせてペアリングできます。 私たちはあなたの買い物体験をできるだけ簡単にすることを目指しています。 ご不明な点がございましたら、青いチャットボタンから週7日お問い合わせください。 今すぐご注文いただくと、全世界送料無料になります。 また、100日間の返金保証も提供しており、究極の安心をお届けします。 買い物をするには サファイアとダイヤモンドの指輪 または異なる ジェムストーンジュエリーオンライン、下の画像をクリックしてください!

安心してラボで作成したサファイアリングを購入する